sho-blog

ヒッチハイク/ 旅 / バックパッカー/ ゲストハウス

【バックパッカー インド旅】黄金の町ジャイサルメールの人気宿『TOKYO PALACE 』に泊まってみた!

 

ナマステ〜🙏🏾

Sho-blog のShotaです🤞🏾

 

インドをバックパックで旅した話を引き続きブログにアップしていきます😁

 

無事にデリー空港を飛び立ち飛行機で2時間程でつくインド最西部『Jaisalmer (ジャイサルメール)』に来ました。

 

f:id:shotacp3:20190225084529j:image

 

飛行機の窓からのジャイサルメールの風景。

 

ほとんど砂漠です。

 

 

 

そう、ここジャイサルメールはタール砂漠に囲まれていてオアシス的な町なんです🏜

 

 

 

インドに着いて記念すべき1泊目、、

安心できるところに宿泊したいですよね笑

 

そこでジャイサルメールでは人気のホテル

 

『Tokyo Palace (東京パレス)』

 

に泊まる事にしました!

 

なんとここTokyo Palece は日本語が上手なオーナーさんがいる他にも日本人スタッフも在中しているので日本人に大人気の宿で、宿泊している方も日本人が多めです。

 

 

☑️Tokyo Palace (東京パレス)のサイトを下に貼っときます。

tokyopalace.net

 

 

 

 

日本語対応なのでここから簡単に宿泊予約もできます。

またホテルが組んでいるキャメルサファリというラクダに乗って砂漠を冒険するツアーもこちらのサイトで予約できるので宿泊される方は是非一緒に予約しときましょう!

 

(キャメルサファリについてのブログは後日アップします🐫)

 

 


f:id:shotacp3:20190224180013j:image

 

事前にTokyo Palace (東京パレス)のサイトから宿泊予約をする事でバスターミナルと鉄道駅からホテルの送迎を無料で手配してくれます。

 

 

 

僕は空港からの送迎を手配したのですが、

空港の送迎だけは700Rs ほどかかります。

空港の周りは車通りがなく、オートリクシャー(タクシー、トゥクトゥクのようなもの)もいないように思えたので、ここはお金を払ってでも送迎をするのが最善だと思います。

 

 

 

☑️Tokyo Palace 豪華施設


f:id:shotacp3:20190224180259j:image

⬆︎ホテルの入り口

 

 

f:id:shotacp3:20190226100547j:image

⬆︎入るとすぐ右手にあるカウンター


f:id:shotacp3:20190224180252j:image

⬆︎ウェルカム・チャイを出してくれる

 

チェックインの際にチャイとお味噌汁どっち飲みますか?と聞かれて一杯出してくれます☕️

 

 

でも一階のフロアにいたら結構な頻度で「チャイ飲みますか?」って聞いてくれるので合計で6杯くらいチャイご馳走になりました笑

 


f:id:shotacp3:20190224180105j:image

⬆︎ 屋上から見える景色

 

屋上からはジャイサルメール城を一望できます。


f:id:shotacp3:20190224175838j:image

 

屋上にはレストランもあり、朝、昼、晩利用できます。

ジャイサルメール城を眺めながらの食事は最高でした🍽

 

 

f:id:shotacp3:20190225084327j:image

 

夜にはライトアップされているジャイサルメール城が見れる。

でも夜になると野犬達が活発になるので、あちらこちらで犬が吠える声が聞こえます笑



f:id:shotacp3:20190226100557j:image

⬆︎ ドミトリールーム

 

ドミトリー価格   200Rs (300円)

※ 2019/2/28現在価格

 

 

めっちゃ安くないですか?笑

バックパッカーでドミトリーが気にならない方は破格の値段で宿泊することが出来ます。

 

 

f:id:shotacp3:20190227202538j:image

⬆︎ スタンダードルーム

 

スタンダードルーム価格 1000Rs(1500円)

 

 

f:id:shotacp3:20190227202545j:image

⬆︎スイートデラックスルーム

 

スイートデラックスルーム価格 2000Rs(3500円)

 

 

スタンダードルームやスイートルームでさえも日本のゲストハウスと変わらない価格ですね。

 お金に少し余裕のある方は贅沢してみてもいいかもしれません。

 

 

f:id:shotacp3:20190227210836j:image

⬆︎ ホテル内にあるプール

 

2月の時期はインドでも冬の時期だけどギリギリ入れる気温、ホテルのインド人スタッフはマジかよって、、って顔をしてたけど貸切だったので飛び込んで一瞬で上がりました笑

 

 

f:id:shotacp3:20190227210935j:image

 ⬆︎ホテル横にある売店

 

気さくな少年が働いてました。3日間も通うと水の値段も値下げしてくれるようになりました笑

 

 

 

☑️ジャイサルメールでは有名!? Tokyo Palace のオーナーMathar(マタール)さんってどんな人?? 

 

 

マタールさんは日本語がすごく上手で一言で言うと「とても親切」です。

マタールさんの写真を撮るのを忘れたのでお見せできませんが、Tokyo Palaceに行くときっとすぐわかります笑

 

僕がJaisalmer(ジャイサルメール)にいた3日間もすごくお世話になりました。

 

でもマタールさんはジャイサルメールのTokyo Palace以外にも

東京、板橋に『板橋ボンベイパレス』と言う名前のインド料理屋を経営していて常にジャイサルメールのTokyo Palaceにいると言う訳では無いそうです。

 

マタールさん目的で行く人は気をつけて下さいね。

 

 

 

f:id:shotacp3:20190226100550j:plain

 

実は僕はジャイサルメールでヒッチハイクをしました。

それをマタールさんに相談すると ヒッチハイク用のダンボールを用意してくれただけでなく、ヒッチハイクがしやすい場所まで車で送ってくれました。

 

ヒッチハイクが終わり、ホテルに帰ってきた時は記念にインドの民族衣装ターバンを巻いてくれました。

(ジャイサルメールヒッチハイク編は後日アップします)

 

 

 

 

 

そして、ここジャイサルメールでなんと僕は

 

携帯電話を無くしてしましました 笑笑


 携帯を無くして落ち込んで困っている僕をマタールさんはすごく慰めてくれて、1日中付き添ってくれて携帯を貸してくれました。

お陰で、自分の携帯をストップできましたし、色々調べ物をすることが出来ました。

 

そして落ち込んでいる僕にその晩、ウイスキーを振舞ってくれて色々と話を聞いてくれました。



 

このエピソードのようにTokyo Palaceのオーナー、マタールさんはとても親切で人柄が良く、1度会うと好きになると思います笑

 


f:id:shotacp3:20190224175933j:image

 

ここ『黄金の町 ジャイサルメール』はインドの中でも優しい人たちが多いイメージでした。

僕はインドの中でこのジャイサルメールが一番好きになりました。

 

 

 

皆さんもジャイサルメールに来た際は是非 マタールさんがいる

 

『Tokyo Palace』に行ってみてください!

 

 

日本の方でインドにはいけないよ!

 

と言う人は 東京の 「板橋ボンベイパレス』というインド料理屋に行くと会えると思うので是非行ってみてください!