sho-blog

ヒッチハイク/ 旅 / バックパッカー/ ゲストハウス

【ゲストハウス 生活】フリーアコモデーションを4ヶ月続けて感じたこと5選 / 裏話など

f:id:shotacp3:20190704162228p:plain


 

ナマステ〜sho-blogのShotaです!

 

f:id:shotacp3:20190311150637j:plain

僕が拠点を東京に移して早4ヶ月…

僕は今東京都内のゲストハウスで住所不定で生きています。

 

ちゃんと言えば東京のゲストハウスで『フリーアコモデーション』という住み込みで

働いている。

 

 ⬇︎『フリーアコモデーション』について書いている別の記事があるので気になる方はこちらから読んでください

www.sho-trip.com

 

 

『フリーアコモデーション』の生活って

 

  「実際どんな生活送ってるの??」

  「本当に生活できるの??」

 

などという質問をよくもらいます。

 

ですので今回は僕が東京のゲストハウスで『フリーアコモデーション』4ヶ月間実際にやってみて 

 

・感じた事

・どんな生活を送っているか

 

を5つ程書いていこうと思います。

 

フリーアコモデーションを4ヶ月続けて感じたこと5つ

1. 節約できる

各ゲストハウスによって『フリーアコモデーション』の待遇は違うかもしれませんが

ほとんどのゲストハウスではフリーアコモデーションスタッフであれば

 

  • 家賃
  • 敷金/礼金
  • 光熱費
  • ガス&水道代
  • Wifi代
  • 洗濯機、乾燥機代

 

これらを無償で使うことができます。

 

冷蔵庫、オーブン、電子レンジなどの主な家具は全て揃ってますし、

都内でこれほでの費用を払おうと思うと

10万円以上しますよね…。

 

フリーアコモデーションでは無償…。

 

さらにゲストハウスによっては1日1食など食事(賄い)が提供されるところもあります。

そうなってくると月々の出費は大幅に減ります!

 

 

でも出費は0に抑えても

給料が発生しない『フリーアコモデーション』で生活していくのは厳しくない!?

 

と、思う人も多いかと思いますがフリーアコモデーションスタッフとして拘束される時間って実はそんなに多くないんです。

 

僕が働いているゲストハウスを参考にしますが、

フリーアコモデーションスタッフは1週間に15~16時間の勤務時間を与えられます。

 

1週間に4日働くとしても1日あたり4時間程度です。

その他の時間は好きな時間に当てても大丈夫なんです。

 

ほとんどのゲストハウスでのフリーアコモデーションスタッフが行う業務って

「清掃」に当たると思うんですげど、ゲストハウスによっては

「受付業務」を任せられたり、「イベントスタッフ」としての業務も任せられることもあります。

 

ですのでゲストハウスで働くのに「節約ができる」という理由のほかにも

  • 「ゲストとの英語でのコミュニケーション」
  • 「イベントをやって色々経験する」

というものに価値を置いていてる方にとっては一石二鳥だと思います。

 

 

2.ノマドワーカーにオススメなライフスタイル

 

1.の「節約」と同じになりますが、フリーアコモデーションスタッフの勤務時間は

1週間に15~16時間程度です。

その他の時間は自身の活動や仕事を行っても基本的には大丈夫です。

 

フリーアコモデーションは「宿直」や「夜勤当番」を任されることもあるので

 

昼に自身の仕事を行う ➡︎ 夜ゲストハウスのヘルプを行う

というように自身の行っている仕事にあまり支障をきたす事なく働くこともできます。

 

最低2週間からの住み込みを募集しているところもあるのでブロガーやフリーランスの方達にも最適なライフスタイルだと感じてます。

 

 

3.プライベートの時間の確保が難しい時がある

 『フリーアコモデーション』のスタッフがどこで寝てるか気になるかと思います。

 

スタッフ用の部屋があるの?

 

と思う方もいると思いますが、基本的にドミトリールームで寝ます。

 

f:id:shotacp3:20190702140550j:plain

f:id:shotacp3:20190701220903j:plain

 

そう、一般のゲストが寝泊まりする共同部屋 のことです。

多くのゲストハウスが2段ベットが数多くおる感じだと思います。

ちなみに写真のベットが現在の僕の家(ベット)です(笑)

 

ご存知の通りゲストハウスは数多くのゲストが宿泊し、その期間ゲストと共に生活をします。

 

共有リビングには常に多くのゲストはがいますし、

ゲストハウスによってはプライベート空間(一人きりに慣れる時間)

がベットだけ…ということもありえます。

 

「常に一人の時間がいい!」

という方は『フリーアコモデーション』をする上で少し難しいです。

 

ですが集中して勉強をしよう!てなる時はゲストが寝ていなくなるまで待つというのは現実的に疲れましよね…。

 

 

 

また、フリーアコモデーションをしているゲストハウスが家のようなものなので

プライベートと仕事中の切り分け方が難しかったりします。

 

プライベートとしてくつろいでいる途中でゲストから対応を求められたり

、受付業務をやることがたまにあります。

 

ゲストに話しかけるのも親しくなろうと接していいのか、スタッフとして接していいのかわからなくなる時があります。

 

 

ですので『フリーアコモデーション』をするのであればこういったケースは

あらかじめ覚悟する必要がありますね。

 

 

 

4.チェックインマナーは日本人が少し悪い印象…

 これは少し毒を吐くような形になりますが、

宿泊業を経験していてあることを思うようになりました…。

 

それは『日本人のチェックインマナーが少し悪い』です。

 

ゲストハウスは普通のホテルと違って深夜の受付はやっておらず、

ほとんどのゲストハウス受付は0時をきる時点で終了します。

 

そのあとは「セルフチェック-イン」というご自身で鍵をポストから受け取り

チェックインする方法になるのですが、

「セルフチェック-イン」を採用しているゲストハウスって実はあまり多くないんです。

 

ですので原則受付が閉まる23-01時までにはチェックインをする。

 

遅くなるのはいいんですけど日本の方は「連絡」をしないです。

連絡がないとスタッフは深夜何時間もゲストを待ち、何かあったのではと

心配な気持ちになります。

 

ここが一般のホテルとゲストハウスの違いなので

ゲストハウスの認識がもっと世に広まることを願ってます…。

 

 

5.英語力は自分次第

 海外にいったら自然と「英語が身に付く!」

と耳にするように

「ゲストハウスも働いていたら英語が身に付く」

と思ったら間違いです。

 

僕自身英語が全くできない状態でしたが、4ヶ月で「日常会話」レベルが少し

できるようになっただけで英語は上達してないです。

 

「ここで生活するだけで英語が話せる!!」と心の中のどっかで思っていたのかもしれません。

 

留学に行ってもそうだし、英語が身につくのは自分次第だということを学びました。

 

これは「英語」のみに関わらず全てのことに言えますね。

 

 

『環境』に身を任せっぱなしにするのではなく、全て『自分次第』なのだと…

 

 

これが気づけただけで良かったです。

 

現在「31日間Blog毎日更新チャレンジ」を行ってますが、

来月は英語に関するチャレンジをしようかな!

 

 

 

今回は実際に『フリーアコモデーション』を4ヶ月経験して感じたことを

書きました。

 

主に仕事の内容にまつわることを書きましたが、

『フリーアコモデーション』ではあまり普段経験できないことができるようになります!

 

 

『フリーアコモデーション』について悩んでることや質問したいことが

あれば気軽に質問してください!

読んでいただきありがとうございました!

 

 

 ⬇︎⬇︎『フリーアコモデーション』について僕の親友が書いてる記事もありますのでこちらも参考にして下さい

www.clipsan.info

 

YouTubeやInstagramもやってるので気軽に見て下さい!

 

  • Shota YouTube

www.youtube.com

  • Shota Instagram

www.instagram.com

  • ゲストハウス関連 Instagram

www.instagram.com