ゲストハウス /旅 /ヒッチハイク

マジで必要!インド女子旅の必須持ち物 5選

ナマステ〜🙏
どうも『sho-blog』の@n_a_b_e_cp3です!

『魅惑の国インド』



旅するものであれば1度は訪れてみたい国ですね。

インドは日本と雰囲気も文化も全く違う国です。

なので旅するのに様々な準備物が必要になってきます。

特に女性は治安や衛生的な問題からインドを旅するのは抵抗があるという方もいるかと思います。

なので今回は女性がインドを旅する時、必ず持って行った方がいい持ち物リストをまとめて書いていこうと思います。

これで女性でもインドを安全に快適に旅することができると思います!

インド女子旅の必須持ち物7選

1.日焼け止め


インドでは季節やエリアによっても違いますが、南インドや砂漠地帯では乾季には気温40℃を常に超え、女性の肌の大敵『紫外線』がとても強いです。

肌のケアを怠ると肌にダメージを受けてしまいます。

SPFも+50 の物を選ぶようにし小まめにケアするようにしましょう。
男性の僕もキャメルサファリというラクダで砂漠を探検するツアーに参加したときはあまりにも紫外線が強かったので、一緒に参加している女性の方に日焼け止めクリームを貰いました(笑)

予防の日焼け止めとさらにアフターケア用の化粧水があれば完璧ですね!


2.トイレットペーパー

「え?トイレットペーパーなんかいらないでしょ?」

トイレだったらトイレペーパー常設してあるじゃない!
と思うかもしれませんが

インドにはトイレにトイレットペーパーが無いんです!

早速トイレ文化の違いですね。

みなさん知ってる通り日本のトイレでは常設してあるトイレットペーパーで拭いてそのままトイレに流しますが、
インドでは流しません、

インドではこのようにトイレにハンドシャワーのようなものが常設されており、それでお尻を自分で流すようになっています。

空港や飲食店、ホテルなどの多くはは横にトイレットペーパーが常設されてますが、それはハンドシャワーを使った後のお尻の水気を取るためなんです。

使った後はトイレに流さず横にあるゴミ箱に入れなければいけません。

常設してあるトイレットペーパーを流すと

トイレが詰まります(笑)

トイレットペーパーが無いところもあるのでこれも必須アイテムですね!

3. S字フック

これも先ほどのトイレの場面で必要になってくるものなのですが、

『S字フック』

これがかなりの必須アイテムです!

日本から旅をするとなるとバックパックなどの大きな荷物を持ってくるようになりますが、先ほどインドのトイレ事情をお話ししましたが用を足した後
ハンドシャワーを使うようになるので、地面はびしょ濡れなトイレが多いです。

バックを地面に置いてしまうと濡れししまいますし、抱えて用を足すのも厳しいですよね…。

そんな時にトイレのドアに「S字フック」をかけるだけで、バックパックや上着をかけることができます。

トイレだけではなくホテルやその他の場所にも使えるので
持っていかなければいけませんね!


4.常備薬

インドでは食べ物や水などから高い確率でお腹を壊してしまいます。
そんな時いつでも飲めるように日本からの下痢止めを用意した方がいいでしょう。


また、電車やオートリクシャーの移動で酔ってしまうときのために酔い止めもあれば安心です。

しかしインドの腹痛はかなり強い症状で日本の薬では効果がないほどなので、腹痛になったら現地インドの下痢止めを買うようにしましょう!

日本から持っていくのは緊急用
持っていくだけでも安心なので必要ですね。



5. スカーフや上着

インドは平均気温も30℃近くあり、女性でも半袖やノースリーブ・半ズボンになりたーい!

という気持ちもわかりますが、

インドでは肌の露出をして出歩くと
卑猥な誘惑をしていると勘違いされてしまいます。
特に脇など…


日本で例えると街中でビキニ姿で歩いてるようなものです。
(変な例えですみません)

ですがそんな事をすると周りから狙われてしまいますよね…。



現地女性の服装を見てもらうとわかると
手や足などの肌の露出をなるべく控えた服装をしています。

民族衣装『サリー』もそのような特徴があります。
お腹の露出はなぜかOKみたいですが…。

実際現地にいくと半袖のインド人も多いのが事実ですが、
気をつけなければいけない理由として

インドでの『強制性的暴行(レイプ)』が問題になっているからです。

インドは世界で最も危険な国と言われるほどで、女性はレイプに怯えて生活している地域もあります。

観光客を狙った事例もありますので、デリーなどの中心地では上着などで
肌を隠し、そういった危険から逃れましょう。

僕は現地でインドの民族衣装『サリー』を着て、インドの雰囲気を味わいながら肌を隠すことがおすすめです。

以上がインド女子旅に必須だと思う、アイテムまとめでした。

スリッパやマスク、ウェットシートなど、あったら便利なものは他にもたくさんありますが、今回は僕が特に大事だなと思うものを厳選しました。


女性でインドへの旅行に不安や抵抗を持っているかたもいると思いますが、
持ち物など準備をして身の回りのことを気をつけていれば特には大丈夫です。

View this post on Instagram

. “ガンジス川 / Gaṅgā ” . Varanasi(ワラナシ)にあるインドの聖なる母の川『ガンジス川』🚣‍♂️ 現地の人はGaṅgā(ガンガー)と言います。 . 川沿いには【ガード】という沐浴場が連なり、人々はそこで身体を清めたり、服を洗ったり、歯を磨いたりしている。 . 僕も沐浴をする予定でしたが、体調を壊していたのでビビって辞めた😅 . ボートに乗って川から見る連なるガードや街並みは凄く美しい🙏🏾 . . その中の1つ【マニカルニカガード】と言われる所は火葬場となっていて、インドで亡くなった方の多くがここで火葬される。 僕も1時間で2人も亡くなった方が火葬されるのを見た。 日本とは全く違う『死生観』、日本では絶対に見ることが出来ない光景。 布に包まれる事無く、裸で火葬されている老人をただ無心で見ていた。 その後、遺灰をガンジス川に流していた。頭蓋骨などの硬い骨は砕いてから流す。 . 彼らはここGaṅgāで火葬され、Gaṅgāに拝流されることにより、全ての罪が洗い流され、輪廻転生の苦しみから解放されると思っている。 . この世で亡くなり、何かに生まれ変わるという輪廻の思想はインドの人達は不幸な事だと考えているらしい。 . . インドでは病死でもたとえ殺人だとしても何も気にされない。 それはGaṅgāに流すと殺人だとしてもわからないから、 つまりインドの人達は『死』と隣り合わせに生きている。 . そんなインドの生活をすると僕ももう少し毎日を必死で生きなければならない気持ちになる😶 ️ . #インド #ワラナシ #バラナシ #ガンジス川 #ガンガー #バックパッカー #バックパッカーの旅 #アジタビ部 #india #varanasi #gaṅgā #backpacker #backpacker_pics #backpackerlife #backpackerindia #japanesebackpacker #gopro #goprohero7 #gopro_moment #manikarnikaghat #joytb #おでかけ

A post shared by Shota Watanabe (@shotacp3) on


魅惑の国、インド


1度足を踏み入れると、その世界観に魅了される人もきっと多いと思います。

是非インドにいってみてください!
お気をつけて!


最新情報をチェックしよう!
>    [Vlog  YouTube]

    [Vlog  YouTube]

YouTubeではVlogで旅の様子を配信してます。 海外でのヒッチハイクの様子を配信する予定なのでチャンネル登録よろしくお願いします! 動画編集/撮影の依頼も受けてますので気軽にご相談ください。

CTR IMG