ゲストハウス /旅 /ヒッチハイク

【空港トランジット】台北、台湾桃園国際空港のオススメの過ごし方

你好‼︎

 

今回東南アジアを旅する予定で、

フィリピンのセブ島へ向けての

航空券を購入しました!

やっぱり航空機は格安で購入できるLCC航空のチケットを購入しました。

 

でもほとんどの格安航空券ってある問題がありますよね

それは

 

フライト時間が異常に長いということ!!

 

あると思います…(笑)

 

東京(日本)からフィリピンのセブ島まで4.5時間で着くことができる距離でも

僕の購入したフライトの時間は

 

13時間です!

 

信じられないフライト時間ですよね

でもこれ4.5時間で到着できる距離をわざと13時間かけて空を飛んでるわけでは無いんですね。

 

これは、transitと言って

1度経由地点で飛行機を乗り換える行為をすることによってできるフライトの合計時間なんです。

 

スカイスキャナーなどの航空券検索サイトなどでは目的地までの最安値航空券料金を自動的に割り出してそれをまとめたルートを提示してくるので

予想もしない経由地点が表示される時もあります。

僕が今回飛ばされた経由地点は

 

台湾です。

 

台湾で別の飛行機に乗り換えるということですね。

以前は中国とか韓国とかもtransitとして訪れたことがあります。

 

東京発が11:45で台湾着が15:00

そして、台湾からフィリピン(セブ島)

へのフライトが20:30だったんです

transitがめちゃめちゃ長い!

 

5時間半もの時間を過ごさなければいけません。

5時間もの時間があれば近くの町まで出て台湾を観光するのもありかと思います。

ですが、やはり海外旅行ですので5時間の間でハプニングが起きてフライトに間に合わなくなるリスクさえあります。

そうとなると短いtransitで空港を出て旅行をするのは

相当な経験のある旅人くらいで、

 

海外経験があまりない人では、空港を出るのは怖いはずです。

僕もそうですから

 

ですので、台湾の空港で、5時間過ごすことに!

 

今回はそんな人もいると思うので、

台湾空港での長時間のトランジットのオススメの過ごし方を書いていこうと思います。

 

台湾空港でのトランジットのオススメの過ごし方

 

台湾桃園国際空港でのトランジットのオススメの過ごし方

   

飛行機から出て順当に道を進んでいきます。

まずは入国審査のイミグレーションがあります。

トランジットで行く空港でもビザの必要な国があるので、訪れる国がビザが必要かどうか事前に調べときましょう。

 

台湾は「観光目的での90日以内の滞在はビザ不要」なので、ビザがなくとも入国することができました。

 

荷物をとり、次の受付カウンターに行きました。

 

でもチェックインは18:00からと言われたので、重たいバックパックを持ってどこか休憩できる場所を探します。

 

1番奥に進むと何やらrestaurant

の看板があり、下の階に進むエスカレーターがありました。

 

下の階に行くとそこには日本でもよくあるような広いフードコートがありました。

 

バーガーキングや日本料理店

もちろん台湾料理のお店もあります。

 

 

パン屋さんもあったのでちょっと変わったメロンパンを購入しました。

 

 

そこで、タピオカのお店がありました。

タピオカ発祥の国、「台湾」に来たということで、タピオカミルクティーを飲むことにしました。

なんとこれが初のタピオカなんです

お恥ずかしい

 

 

台湾では185円で飲むことができました。

これを日本で飲むとなると600.700円くらいするんですよね?笑

 

もう日本では高く感じて飲めないです

 

でも味は凄く美味しくてお腹にも溜まるからタピオカ気に入りました🤤

 

台湾はとにかくグルメが安いです!!

 

パン2つとタピオカだけでも400円です。

トランジットでも低コストで台湾グルメを楽しめることができましたね。

 

(注意)

ただここのフードコートにはコンセント、電源を充電できるような場所はありませんでした。

 

そんなこんなで18:00が来て、カウンターで受付を済まします。


荷物検査も終え、フライトラウンジに入ります。

台湾桃園国際空港にはフライトラウンジに入ってからもショッピングモール並に多くのお店があります。

1番奥まで進むとStarbucksがあって、

その横には充電スポットがありました。

(選ばれたのは綾鷹でした…)

空港で充電ができてゆったりできるところは本当にありがたい!


パソコンが使えて調べ物もここでする事ができます。

とても綺麗だし、長時間transitの時間があってpc作業や充電するものがあればここにくるといいでしょう。

さらにgateがあるラウンジまで行くと、、、

ここも広々したラウンジがあり、くつろぐことができます。

時間が来たので飛行機に乗り込み、

目的のフィリピン、セブ島に向かいます。

次はtransitではなく、観光でも来てみたいと思います。

いかがだったでしょうか。

今回は台湾桃園国際空港での長時間でのオススメのtransitの過ごし方について書きました。

個人的にはチェックインする前にフードコートで食事を済まし、

早めにチェックして、ショッピングを楽しみつつ充電できる綺麗目なラウンジでゆっくりするのがありかなと思ってます。

この空港のみに限らないですが、

旅をしていくのにtransitが生まれることはあるかと思います。

なので自分なりのtransitの過ごし方を見つけてみてくださいね👌🏾

ご愛読ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>    [Vlog  YouTube]

    [Vlog  YouTube]

YouTubeではVlogで旅の様子を配信してます。 海外でのヒッチハイクの様子を配信する予定なのでチャンネル登録よろしくお願いします! 動画編集/撮影の依頼も受けてますので気軽にご相談ください。

CTR IMG